自動契約機はマイクとスピーカーを通しての応対になります

 

 

審査 アコム

 

 

取材を受けた際も次のようなコメントをしています。

 

 

 

 

 

「オペレーター業務で大切なのは、非対面であっても支店と同じように笑顔でお客さまに接すること。
私たちの姿はお客さまからは見えませんが、不機嫌な顔で仕事をしていると声に表れてしまうものです。
アコムには「笑声(えごえ)」という言葉があるのですが、声から笑顔が感じられるように話すことを心がけています。 」

 

 

実際、自動契約機でのやりとりは感じよく丁寧ですから
お金を借りる手続きをする「不安でドキドキする」感情がやわらぎ
かなりホッとしつつ手続きを進めることができます。

 

 

自動契約機に案内されて審査で落ちることはあるのか?

 

 

自動契約機に行くよう案内されて審査に落ちることはめったにないことです。

 

まれに、ここで審査に落ちるということはアコムの申し込みの際に虚偽の申告をしていて
「身分証明書」などの確認でそれが発覚したということがあるようです。

 

しかし、そういった事態が起きないように、アコムでは申し込み審査の際に
2重3重のチェック体制を厳しくとっていますから、あまりありません。

 

 

オペレーターが自動契約機を案内するということは審査には通っていることになります。

 

 

案内されたのに審査に落ちるのは

 

「在籍確認ができなかった」

 

信用照会をして「与信がつかなかった」

 

 

が一番多いのです。

 

 

手続きはすべて遠隔操作で進み、大体30分〜40分で終了

 

 

自動契約機のドアを開けるとセンサーとカメラが働き
アコムのサービスセンターのオペレーターにつながります。

 

 

アコム審査

 

 

@申し込み用紙の記入

 

 

A申し込み用紙をカメラで取り込む

 

 

B本人確認(免許証などをカメラで取り込む)

 

 

C暗証番号の入力

 

 

D契約書の記入、カメラで取り込む

 

 

E契約書控え発行

 

 

Fカード発行

 

 

自動契約機に入ると、オペレーターの声が聞こえ、ドアのカギを閉めるように言われます。
これはプライバシーの保護のためです。

 

ドアの下の方にオレンジ色の鍵があります。

 

 

鍵の閉めたことを確認すると、さっそく手続きに入ります。

 

 

ボールペンも数本用意されていますし、緊張している利用者のためにキャンディなども用意されています。

 

緊張して口がカラカラになり、喉も乾いてきますからキャンディをなめつつ
指示に従うといいでしょう。

 

ちなみに、私はイチゴキャンディがあったので5個位食べました。

 

やっぱり、どんなに親切な対応だとしても、ああいう所は緊張しますから
小さな心遣いがうれしいものです。

 

緊張がほぐれることは決してありませんけれど・・・

 

自動契約機のところに椅子があり、こちらからは見えませんが、モニターですべて見られています。

 

オペレーターの指示に従い、本人確認ができるもの、免許証や保険証の
確認から契約のはじまりです。

 

 

自動契約機のとりこみ口があるのですが、角をあわせるようにセットすると
「シュー」と取り込まれて、しばらくすると返ってきます。

 

 

そのまま、とりこまれっぱなしになるようなことはありませんので安心して下さいね。

 

オペレーターの指示の通りに進むと、契約が終了します。

 

所要期間は30分から40分が目安です。
あっと言う間ではありますが、書面にサインをしたりしているとこのくらいの時間はかかります。

 

 

自動契約機のあるスペースに入った時に、部屋のカギは自分でしましたが
出るときは遠隔操作で開けてもらえます。

 

 

手続きが済み、カードが発行されると、外にあるアコムのATMでお金をすぐに引き出すことができます。

 

 

 

アコム 

 

 


 

 

 

 

審査

金利

収入証明

融資額

最短30分

3.0%〜18%

借入れの総額により提出する場合があります

1万〜800万円

即日OK!

14時までに必要書類の提出で最短1時間で即日融資

 

トップへ戻る